総資産うん十億の大先生とパリで3泊同室させてもらったら価値観崩壊しました。

どーも、Ginoです!

 

あと本日は総資産うん十億の大大大先輩経営者の方から聞いた超有料級体験談もシェアします。

5年ぶりにのヨーロッパへ行ってきました!

実は先週は1週間ほど
フランス・イタリアをまわる
ビジネスツアーに参加してきました!

僕がいつもお世話になっている
まっしーさんの、さらに経営の師匠である

総資産うん十億持つ資産家の大先生が
毎年開催しているビジネスツアーです。

なんと今回自分もお誘いいただき、参加できる事に…!!

 

以前お会いした時に話の流れで先生から

「きみもイタリア行く?」

と聞かれたので0.2秒くらいで

「行きます!!!!」

と答えたら本当に行ける事に。

(まっしーさん、先生、ありがとうございます!!)

 

そしていっしょに参加した方々も
レベルがやばい人ばかり。

・年収うん千万円を余裕で超える
 ネットビジネス界の大御所の方々

・ビジネス仲間で僕の発信を
 見ていればおなじみの佐々木さん

・各コミュニティリーダーの生徒さん

といった、

投資、コンサル、
動画、ブログなど多方面で
ものすごく稼がれている方々にまじり、

めちゃくちゃ濃ゆい時間を
過ごさせていただきました。

 

今回のビジネスツアーの目的は、

・ブランド品の買い付け
・唯一無二で独自のブランドの作り方

を学ぶ事。

 

例えばイタリアで買ったブランドの財布を
日本で売ると、1万円以上の利益が出たりします。

人や場所や時によって変わる、
「価格差」で利益を得る、

商売の基礎を実際に
現地で買い付けして学んだり。

ヴィトンやプラダなど、
世界中で愛され長年支持されている
ブランドショップに

自分の足で訪問し、実際に触れて、
買って、使ってみたり。

 

世界の名だたるブランドを
五感で感じながら

「ブランドとはなんぞや?」
「なんで革のバッグに50万円の価値がつくのか?」

という事を学んできました。

 

ブランドというのは、共通のイメージです。

Ginoという人間のブランドは、
みんながGinoを思い浮かべた時に浮かぶ
共通のイメージのこと。

多分元フリーターとか、ブログとか、
ピザとか、釣りとか、旅とか、
ゲームとか出てくると思います。

(他に思い浮かんだものがあればぜひ教えてください!笑)

 

「こいつ他のやつとちげえ!」

と思われるような、
ユニーク(固有)な部分とも言えます。

 

↓例えばパリで思い浮かべるイメージ。

おしゃれ、歴史ある町並み、
美術館、ファッション、
宝石ショップ、カフェ、
花の都、シャンゼリゼ通りなどなど。

こういうのがぱっとたくさん出てくるのは
ブランドがしっかりと出来上がっている証拠です。

誰もが知っていて
長年売れ続けていて
多くの人に愛されてるブランドには
例外なくそれがあるんです。

じゃあ自分のビジネスに置き換えて、
唯一無二のブランドをどう作り上げていくのか?

というを1週間ヨーロッパで学んできました。

 

そして僕にとってこの旅で、
最も刺激的で印象に残った体験は、

間違いなく資産家の先生と
いっしょに過ごさせていただいた
パリでの3日間ですね。

 

ツアーの出発前に急遽、

「じーの、お前はパリの3日間でたくさんの事を吸収しろ」

というLINEが師匠と先生から来ました。

そしてなんと資産家の先生と
パリで3泊を同室にしていただけるという
粋な計らいをしていただけることに…!!

 

「乗るしかない、このビッグウェーブに。(確信)」

と思い、

一日の旅程が終わり部屋に戻ると即、

 

「先生、質問良いですか!?!?(食い気味)」

と、毎晩嵐のように質問してきました。笑

 

1対1で夜中までたくさん
お話を聞かせていただきました。

よくよく聞いてみると、

「これだけで普段数百万とってるよ。」

とのこと…!

つまり3日だと1000万円くらいの価値があるということですね。

 

え…やばくね…!?笑 (今頃感)

 

先生とのお話の中でも
最も印象に残ったエピソードを
シェアさせていただきますね。

 

先生はこれまで40年以上も
ビジネスで成功されてきた方で
60代ですが今もなお新しい事業を
立ち上げて稼がれていたりする、

普通に生きていたら
僕みたいなぺーぺーが
まず接点すら持つことが出来ない方です。

 

なのでたとえな間接的に聞いて事だとしても
ものすごく価値があると思います。

いつもニコニコされていて
笑顔が素敵な方なのですが、
漂う貫禄や言葉の重みはとてつもない…!

 

↓先生から聞いた
 超衝撃のエピソードがこちら

 

過去の僕「ブランドバッグで腹は膨れないだろ。」結論 → 無知でした。間違ってました。

パリのホテルでは、

「30代で資産構築して40では働かなくても余裕な状態って作れますか?」
「今からお金を借りれるようになるには今何を準備すべきですか?」
「自分のブランドを作る上で大事な事ってなんですか?」
「先生ならメルマガの1通目でどんな話しますか?」
「今から会社作るならいつのタイミングが良いですか?」
「なんで時計が100万円で売れるんですか?」
「結婚ってどのタイミングですればいいですか?」

など若干うざがられるレベルで笑
人生やビジネスのことを
あれこれ聞きまくりました。

 

その中で最も印象に残り、
鳥肌が37分くらいずっと
立ちっぱなしだった話があります。

 

それは、

「高級車や高級時計を買う意味」

を聞いた時の話。

 

前々から思ってた、ブランド品に対する疑問、謎。

「なんでお金持つとみんな高級車とか腕時計とかって買うんですか?」

ということ。

僕はこれを先生に聞いてみたかったのです。

 

「なんでお金持つとみんな高級車とか腕時計とかって買うんですか?」

と僕が聞くと、

先生は淡々とした口調でこう言いました。

 

以下、先生の言葉。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「僕は昔フェラーリを買ったことがあってね。

フェラーリってすごいんだよ。

めちゃくちゃエンジン音がでかい。

座って、エンジンをかける。

そうするとブオオオオオン!!って音が鳴って、どんどんどんどん気持ちを高揚させてくれる。

落ち込んだ時に乗ると、

「お前はそんなもんか」

「そんな状態でおれに乗るな」

って車が自分にいってくる。

問いかけてくる。

どんなに落ち込んでも車を走らせてるといつの間にか悩みも吹っ飛んでるんだよね。

そんで降りたときにはまた頑張ろうってなってる。

高い時計もそう。

つけてると、おれはこれに見合った人間にならないとって思える。

だからこそ高級品は買う価値があるんだよ。」

 

「お金を持たない人はね、安いものを大量に買う。

でもお金がある人は、良いものを一つだけ買う。

結局資産になるのは後者やけん。」

 

「社長ってね。人付き合いは慎重にならないといけないけんね。

だから良い時計つけてれば、客観的にパッと見でこの人はこれぐらいやりよう人だってわかる。

この人ならまあ安心かなと、時計してるだけで思ってもらえる。」

 

「今日も時計屋にみんなで行ったけど、社長がいたしょう。

じゃああの中で顔を覚えてもらったのって何人いる?

ギリ覚えてもらえたとしても買った人だけだよね。

でも買ったことで次に来た時に覚えてくれているかもしれない。

そうやって何度も来て、チャンスを掴んで、何回か買いに来る内に世界の名だたる社長とのコネクションが出来る。

それが君たちの”ブランド”にもなるんだよ。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕はこの話を聞いて、

 

ぶるぶるぶるぶるbr!!!!

と震え鳥肌が立ちました。

 

僕は高級ブランドというものを、

ただの「機能の面」でしか見れてなかったんだと。

その時気づいたんです。

 

時計なら、時間が見れる(機能)って部分。

それだけ。

「スマホで見ればいいじゃん」的な。

 

でも先生はこれまでの経験から、
本当に良いものにはとんでもなく大きな

「無形の価値」

が含まれている事を教えてくれました。

 

・感情を高ぶらせてくれる
・結局良いものの方が資産になる
・客観的な信頼を勝ち取れる
・自分のブランドを確固たるものに出来る

 

やばいぐらい腑に落ちたし、妙に納得してしまった。

なぜなら僕はつい2年前まで、
ご飯も毎日ろくに食べられない
貧乏人だったから。

「高いものより安いものを大量に」
を重視する価値観なんて
まんま当時の自分の価値観。

ブランド物なんて興味すらなかった。

だって食えないし。
必要ないものだし。

なんかぎらぎらしていて、いやらしい。
欲にまみれた人間が買うものだ。

そう思ってました。

 

実は僕は5年前にも一度
一人でフィレンツェに訪れたことがあります。

(いわゆる自分探しの旅です…。笑)

その時はお金も全くなく
ブランドショップなんか目もくれず、

10ユーロだけ握りしめて
街をぶらついていました。

そして毎日安いピザや
ジェラートばかり食べていました。

「1000ユーロのかばんなんか買うお金があったら、毎日おいしいピザが食えるやん。」

「そっちのほうがよくね?」

そういうTHE貧困な考えを持っていたんです。

持っていたというか、
正直先生とパリでお話した
つい先日まではまだどこかで
そういう価値観を持っていました。

「ブランドかあ…うーん…。必要ないよねえ。」

「時計に100万とかww」

みたいな。

 

でもその話を聞いたあとお店に並ぶ商品を見ると、全く違う見え方がしたんです。

 

手に取って身につけた
自分を想像すると内側から

ぶわああああ って

パワーが湧き出てくる感覚になったり。

高いレザーの商品を見れば
造った職人さんの血と汗の滲む努力や
高度な技術など背景の
ストーリーが浮かんできたり。

 

スマホの時計見ても気持ちを高ぶらせてくれることは絶対ないですよね。

ましてや「こいつに見合う人間になろう」なんて絶対思わないです。

ユニクロ着ても気が引き締まることもない。
(おしゃれですし機能面は最高ですけど。)

 

僕は先生のこのお話を聞いて、一気にステージが上がった感覚がしました。

 

その後、実際にブランド物の
レザーのアイテムを何個か
買ってみたりしたのですが、
やっぱり持ってるだけでテンション上がります。

まっしーさんとレザーの
ライダースジャケットを買ったのですが、

羽織ると
「こいつに見合う自分にならねば」
と気が引き締まります。

 

この感覚を知ることが出来た。
それだけで本当に行ってよかったと思えましたね。

行ってなかったら
一生得られなかった感覚かも知れませんから。

そう考えるとゾッとします。

まっしーさんありがとうございます!!!(ジャンピング土下座)

 

先生はその後も、

「でもみんな僕を見てなくて、フェラーリばっかり見てて悲しくなったんだけどね。笑」

という話もしてくださったり。笑

 

「でも、そういう事に気づけたのも実際に買ったから。

高級時計も買ってなかったら、時計買い付けのビジネスはやってなかった。

買えばそういう事も起こるし、自分で使わないと価値はわからないよ。」

というお話など、たくさんの経験を
自分に共有してくださいました。

 

毎日夜中まで
お話しさせていただたので
3日目くらいには、

「じーのくんが毎晩質問してくるから寝不足やけん…。」

と言われるほどに…。笑

(先生申し訳有りませんでしたm(_ _)m)

 

でも自分的にはむしろ
そう言われるぐらい聞かないと
ダメだと思ってました。

だってせっかくいただいた
チャンスを活かさないのは
逆に失礼ですからね。

自分の将来のために今どうするべきなのか?

客観的に考えてもそれは、

”先生とたくさんお話して聞き出すこと”

だと思いましたしね。

こんなに聞いたら悪いかな?
なんか恐れ多くて聞きにくいな…。
遠慮した方がいいかな…。

主観に惑わされて何も聞かないなんて
僕にとって最も意味がなくただただ損な事。

このチャンスを逃したくなかったので
先生がしゃべりながら寝ていくまで
質問しまくりました。

 

でも帰国してからは、

「じーのくんの真剣に質問してくる姿勢に心うたれました。」

と言っていただけたので、
たくさん質問してよかったー!
と思えましたね。

 

先生、ありがとうございました!

 

そしてその話を受け、来年は”とあるもの”を買うという野望が出来ました。

 

師匠のまっしーさんと、

「来年は◯◯を買いましょう!!」

という約束をしたので、

また次の機会までにパワーアップしなくては!

 

そして今度は生徒さんも連れていきたい!!

というのは切実に思いました。

 

こんなに世界が広がる体験が出来るなら、ぜひBREATHのメンバーにも体験していただきたいですから。

 

先生もおっしゃっていましたが、
「百聞は一見にしかず」です。

ブランド品は買わないと
価値がわからないように、

体験も話を聞くだけでなく、
経験してみないと
本当の価値はわからないので。

 

来年ヨーロッパにつれていけるメンバーを輩出するぞおー!

行きたい人はあらかじめ教えておいてくださいね。

向こうでお買い物を楽しめるレベルで
稼げるようにサポートしますので^^

 

毎日めちゃくちゃ濃ゆかったので、
話したいことを全く
書ききれていないのですが、

パリやフィレンツェでの体験は
またブログ記事にて紹介します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕は自分で稼いでいくという選択肢を知り、

プライドを捨てて師匠に教えを乞い8ヶ月で

月収100万円を稼いでフリーターを辞めました。

自分が本当にやりたいことってなんなんだろう?

とずっと悩んでいたフリーター時代に

パソコン1代あれば自宅で稼げるということを知りました。

ただ始めた頃は当然ビジネスの知識も経験も、

ましてやまともな職歴もほとんど「0」の状態でした。

でも人間、一時期本気でひとつの事に力を注げば、

自分の好きに生きていくぐらいなら出来ます。

手段がわかれば、ようはやるかやらないか。

それまで何してきたか?は関係ないです。

なぜビジネスのド素人が、

自分の力で稼げるようになり自宅でも旅先でも

好きな時にお仕事しながら

生きていく生活ができるようになったのか?

メルマガの中で詳しく公開しています。